top of page
  • 執筆者の写真近藤 伸夫

クリスマス島「海の塩」(キリバス)

クリスマス島のきれいな海から海水を汲み上げ、それを約3ヶ月かけて、熱帯の強烈な日差しだけで干し上げた塩、釜で煮るなどの作業をおこなわない天日塩。ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄分などのミネラル分が、海水のバランスそのままで結晶化しています。クリスマス島はキリバス共和国にある人口約3200人のちいさな島です。現在でも島の海抜「一番高いところ」は2m以下であり、海面が上昇すると島全体が水没して、住んでいる島民は難民として移住しなければならないおそれがあります。 第一アタック/溶けると酸味・塩味が飛び出してくるが 強烈ではない 第二印象/塩味が旨味に変化する アフターフレバー/口の奥にしょつぱさだけが残り、さわやかな風が吹く

成分 Na.36.9g Mg340㎎ Ca340㎎ K110㎎ 食塩相当量93.79g


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page