• 近藤 伸夫

塩が肌の汚れをきれいに。 Salt removes dirt on the skin.



人の体液は、塩分濃度が約0.9%に保たれています。浸透圧により、体液よりも塩分濃度の高い塩水を当てると、体内の水分が塩水の方へ移動します。水分が移動するときに、肌の古い皮脂や汚れなども毛穴や汗腺から出ていきます。つまり塩水を肌にあてることで、肌の汚れを外に排出する効果があるのです。

Human body have fluids kept at a salt concentration of about 0.9%.By osmotic pressure, moisture in the body moves towards salt water. When moisture moves, old sebum and dirt of the skin will also come out of pores and sweat glands. By applying salt water to the skin, there is the effect of discharging the dirt of the skin outside.



閲覧数:0回0件のコメント