• 近藤 伸夫

米軍のソルトタブレット

どこの島だったか忘れてしまったが、第二次世界大戦で日本が敗戦したときのこと。 島のジャングルで身を潜めて戦っていた日本兵が 日本までの船が港に〇日後に着くというのでジャングルを行進していました。しかし 何日もろくに食べておらず体力も気力も限界で、歩くことさえままならない状態であったそうです。そのとき上官が分け与えたのが岩塩タブレットでした。この塩を舐めてまた気力を振り絞って港に向かったという話をきいたことがあります。

 塩には、そんな気力をやる気を引き出すパワーがあるのです。米軍の兵士は岩塩を持たされているという噂を聞いたことがあります。期せずして、そのものずばりを見つけました(写真参照)。このソルトタブレットは、ファーストエイドキットポーチなどに収納されているらしい。

 非常用持ち出しにも「塩」は必需だと考えます。

2021.01.20.


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示