top of page
  • 執筆者の写真近藤 伸夫

海の晶 ほししお(東京都)

天日だけを工程とする塩は日本では難しいとされていましたが、1977年日本食用塩研究会が開発した製法により誕生。伊豆大島の国立公園内の立体塩田で流下盤やネツト架で水分を蒸発させた鹹水を、ガラス温室の中の結晶箱に移して 水分を蒸発させて結晶化。 かなり大粒の凝集晶。 〇成分 Na35.0g Mg500㎎ Ca500㎎ K150㎎ 食塩相当量88.9g 製造者/海の精株式会社 東京都大島町野増字上山764-28 電話03-3227-5601



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page