• 近藤 伸夫

塩効果にプラス。コエンザイム10などを配合した新商品開発中

私は自分で考え出した塩シャンプー、「ソルツシャンプー70」で頭皮と髪を洗っている。これでも薄毛対策としては十分だと思っていたが、加齢により髪が細くなってきたりしてきて、さらにパワーアップしたシャンプー。つまり育毛や発毛にもパワーを発揮するものを作ることを思い立って、半年前から準備し様々な試行錯誤を繰り返してようやく80%以上くらいは満足するレベルの試作品ができてきた。それが写真にあるもの。塩の配合量は少し抑えて(といっても50%以上は入っているが)、洗浄成分に加えて、エストロゲンに似た性質を持ち、、薄毛の原因となる5αリダクターゼの作用を抑制する働きもあるので、薄毛や抜け毛を防ぎ、育毛を促進すると言われてるイソフラボンと、細胞の老化を防ぐことで、育毛効果をサポートすると言われいいるヒアルロン酸。それに、この写真ではシャンプーをオレンジ色に変えた物質で、頭皮の「毛乳頭細胞」や「表皮細胞」に直接作用してこれらの細胞の活性化と新陳代謝を促進することにより、育毛や髪の補修に優れた効果を発揮するとされるコエンザイム10を配合。さらに髪に刺激をあたえるために秘密の物質を配合したもの。もう少し私と家人で実験した後、提携研究所にて配合を固定化して、商品化前の試作品をつくる予定。私の髪がいつにもまして活き活きとしているのはいうまでもない。

2019.03.04.


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示