• 近藤 伸夫

塩入浴に石を入れてみる。Try put salt and stone in the bath

医学博士の河木成一氏が、おもしろい塩入浴を勧めているのでご紹介します。

①浴槽にお湯を溜めて、天然塩(近藤注 天然塩という表現は現在は使用できませんが、平釜などでつくられたマグネシウムやカリウム、カルシウムを含むもののこと)を150~300gを入れる 

②石を10㎏ほど浴槽に沈める

③39℃~40℃のお湯に30分ほど入る 

④浴槽から出たら塩で身体を洗う

⑤塩を流して再度10分ほど浴槽に入る というもの。

塩入浴は、新陳代謝を旺盛にし、体内の老廃物を排出し、腸内酵素の働きを促進し、腸の蠕動運動を高め、神経痛・腰痛を軽減し、内分泌液を促進して胃腸の働きを活発にします。また、神経の興奮を抑え、皮膚、毛、髪、爪などの組織を正常にする働きもあります。塩入浴に石というのは初めて聞きましたが、石はどこにある石でもいいそうで、石を入れることによって浴槽内にエネルギーの渦が生まれて人体にいい影響を与えてくれるそうです。これからの寒い時期にはポカポカしていいんじゃないでしようかる。一度試してみてください。(2017.11.08)


閲覧数:0回0件のコメント