• 近藤 伸夫

塩の副産物「にがり」が美容にいい

みなさん、「ニガリ」はご存じでしょうか。豆腐を固めるときに使うもの(現在はグルコノデルタラクトンなども多く使用されている)として知っておられる方もおおいでしょう。最近、私は顔を中心とした肌のハリや潤い、そしてシミを薄くするために自分で化粧水を作って実験しているのですが、塩研究家としては塩に関係ある成分も入れたいとニガリと皮膚についていろいろと調べました。その結果、ニガリには素晴らしい効能があることがわかったのです。

ジュースなどにニガリを混ぜて飲むことによるダイエットやデドックスなどでニガリを使っているいる人も多いようです。しかし肌に直接ニガリを噴霧すると、肌に潤いをもたしたりシミを薄くするなどすごい効果があるらしいのです。そこで、先月オリジナルの塩をつくったときにとれたニガリを実験中の化粧水に配合して毎朝顔と髪にスプレーしています。成分は、純水にシリカ・イソフラボン・ラブベリーケトン・ニガリです。もう1ケ月ほど経ちますが、皮膚にたいしてマイナス面は全くありまりません。もう少ししてシミが消えだしたら売り出したいです。70歳目前のおっさんに美容など関係ないだろうって・・・。チャレンジ心を忘れたらますます老ける一方ですよ。(2020.07.30)


閲覧数:2回0件のコメント