• 近藤 伸夫

塩で・・美白? ターンオーバーで若返るのです。

私は、自分が開発した塩シャンプーを使用してボディやフェイスも洗っています。そしてお客様にもそれを勧めています。実際に行った方から、「ちょっと・・・。 肌が白くなったんだけど・・・」と驚きの声をいただくことがあります。

4年前に中国で、商品説明会を開いたときに、私は参加者にサンプルを渡して、手の甲に塗るようお願いしました。それは、塗ってマッサージした部分が白くなるという効果によって塩のパワーを感じてほしかったからです。海塩に含まれているミネラルには、 代謝を活発にして血行を良くする効果があります。肌をピーリングすると同時に、ターンオーバーで、若返るのです。

今、私が注目しているのは、「ニガリ」です。実は、毎朝のコーヒーにもニガリを入れて飲んでいます。ニガリには製塩時に残ったナトリウムを別にして、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄、マンガン、銅、亜鉛、セレン、臭素などが含まれています。特にマグネシウムは、カルシウムと結びついて強い骨と歯の材料になりまし、脂質と糖質の吸収を抑え、脂肪の蓄積を防止すると言われているからです。

また、にがりには保湿成分のセラミドの合成を促す作用がある為、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を抑える効果もあり、マグネシウムが体の代謝を高めお肌の代謝も整えて、ハリや弾力のあるキレイなお肌をつくってくれるのです。

恐るべし、塩パワー。

2021.08.14.


閲覧数:3回0件のコメント