top of page
  • 執筆者の写真近藤 伸夫

万葉田結ケ浦の塩(福井県)

万葉田結ケ浦の塩は、敦賀市田結の橋野さん夫妻がつくっている。私も訪れて話を聞いたことがあります。先祖が塩を作っていたようでそのときに使っていたであろう器具も利用しているとのこと。敦賀は古くから日本海側有数の製塩地で万葉集にも、田結地区の海辺で塩を焼く煙が上がる様子を詠んだ歌があるほど。年間60Kgの生産量という貴重な塩だ。 結晶は小粒で立方体。第一アタックは丸みがあって甘い 第二印象/甘さから塩味と酸味へ  アフターフレバー/ほどよい塩味が残る  




閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page