• 近藤 伸夫

「サラダ」も塩が語源です

サラリーが「塩-ソルト」が語源であることはよく知られているが、「サラダ」もまた「塩」が語源です。「英語では「salad(サラド)」、フランス語では「salade(サラード)」、イタリア語で「insalata(インサラータ)」、ドイツ語では「Salat(ザラート)」というそうです。

これら「サラダ」を表す語は、すべて「塩」を意味するラテン語の「sal」に由来し、ポルトガル語のsaladaはサラダと発音し、日本語のサラダとも発音が似ています。

ポルトガル語では、「-ada」は動詞の過去分詞形をあらわす接尾語の性質があるのだそうです。「sal」は「salt(塩)」の派生語なので、Saladaは、「塩されたもの」という意味をあらわすことになります。

英語のsaladは、発音をカタカナで書くとしたら、サァラッドゥもしくはサァラッになります。アメリカ人が発音しても、イギリス人が発音しても、サラダとは聞き取れません。アメリカやイギリスでサラダと言っても、通じない場合のほうが多いので気をつけましょう。

2018.08.15


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示